/

この記事は会員限定です

「企業の資本支援、数千億規模で」 みずほFGの坂井社長

[有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長は10日までに日本経済新聞のインタビューに応じた。新型コロナウイルスの影響が長引けば財務悪化で「資本増強せざるを得ない企業が出てくる」と指摘。劣後ローンを軸に数千億円の資本支援を計画する。個人向け取引分野では資産運用の相談などに特化した店舗を100カ所まで増やす考えも明らかにした。

新型コロナの感染拡大による店舗休業や工場の操業休止などが相次ぎ、企業が手元資金を確保する動きが広がった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン