/

給付金支給遅れ「個別にフォローアップ」 官房長官

菅義偉官房長官は10日の記者会見で、新型コロナウイルス対策に向けた持続化給付金の支給の遅れに対応するため「個別のフォローアップ体制を新設する」と表明した。通常は約2週間で支給するが、書類に不備などがあれば「2週間以上要することもある」と説明した。「電話での連絡など対応を密にしたい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン