青森県、新型コロナ対策拡充で6月補正予算

2020/6/10 17:09
保存
共有
印刷
その他

青森県は10日、新型コロナウイルス感染症対策の拡充と社会経済活動の再始動を支援する経費を盛り込んだ総額187億円の6月補正予算案を発表した。感染拡大防止策と医療提供体制の整備に約145億円、雇用の維持と事業の継続に約35億円、官民を挙げた経済活動の回復に約5億円を配分した。新型コロナ対策経費は累計で約640億円に達した。

6月補正予算案を発表する青森県の三村知事(青森県庁)

青森市や八戸市が設置する地域外来・検査センターを共同運営し、弘前市医師会が開設する同センターを県が同医師会に運営委託する。感染症の影響で売り上げが減少している中小・個人事業主に10万円を支給。新しいビジネスモデルの構築などに乗り出す事業者に費用を補助する。三村申吾知事は「気を緩めることなく感染症対策を進め、経済回復の段取りと両立させていく」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]