/

富山の鉄道・バスのフリーきっぷ、半額で県民に販売

富山県は10日、県内の公共交通機関を半額で利用できる県民向けの「観光交通スーパーチケットキャンペーン」を始めると発表した。運転免許証などで県在住者であることを示せば、鉄道や観光バスのフリーきっぷなどを半額で購入できる。19日から10月31日まで実施する。新型コロナウイルスの感染拡大で滞る往来を活性化する。

通常価格2600円の富山地方鉄道(富山市)の鉄道線・市内電車1日フリーきっぷの場合、1300円で購入できる。2500円の加越能バス(高岡市)の世界遺産バス・五箇山フリーきっぷは1250円になる。あいの風とやま鉄道(富山市)と万葉線(高岡市)もキャンペーンの対象になる。県は通常価格の4割を補助し、事業者が残りの1割を割り引く。

県内では5月15日から順次、移動の自粛や休業要請が緩和されてきた。ただ、主要エリアの往来は新型コロナの流行前を下回る。総合交通政策室の担当者は「かなりお得になる。積極的に活用してもらいたい」と話す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン