東鈴紙器、災害用段ボールベッドを開発

2020/6/10 16:47
保存
共有
印刷
その他

梱包材の東鈴紙器(相模原市)は、災害時に避難所などで活用する段ボールベッドを開発した。1人でも10分程度で簡単に組み立てられる。組み立て前は厚さ20センチメートル程度の箱型で、場所を取らず重ねて保管できる利点もある。自治体を中心に販売する。

頭の位置周辺についたてをつけ、利用者のプライバシーに配慮した。「誰にでも作…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]