「コロナ後」投信、ネット系が先行(市場点描)

2020/6/10 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネット証券系列の投信会社が「ポストコロナ」をテーマにした株式ファンドを相次ぎ設定する。新型コロナウイルスまん延による一時の相場急落と巣ごもり生活でネット証券の口座開設が増えており、社会的関心が集中する身近なテーマで預かり資産の拡大につなげる。

楽天投信投資顧問が12日に投入する「日本株マイクロキャップ・ファンド」は、テレワークや遠隔医療など「非接触社会」の成長サービスを軸に日本株に投資す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]