東北・関東で一番の暑さ 北海道でも真夏日

2020/6/10 16:04 (2020/6/10 16:47更新)
保存
共有
印刷
その他

日差しを避けて、木陰で涼む人たち(10日午後、東京・代々木公園)=共同

日差しを避けて、木陰で涼む人たち(10日午後、東京・代々木公園)=共同

10日は日本の東から張り出した高気圧の影響で北海道、東北、関東甲信を中心に気温が上昇し、各地で今年一番の暑さになった。福島県会津若松市で今年の全国最高気温36.4度を記録した。11日は全国で天気が崩れ、猛暑はいったん落ち着く見通し。さいたま市や富山市は予想最高気温が30度となっている。

10日の北海道は音更町で今年の道内最高気温の32.6度を記録し、遠軽町で32.4度を観測するなど真夏日となる観測点が増えた。30度に迫って今年の最高気温を記録した地点も続出した。

東北は会津若松市のほか、岩手県宮古市で35.4度、山形県米沢市で34.7度、宮城県大崎市で34.2度、青森市の青森空港で30.3度を観測し、各地点で6月の最高気温の記録を塗り替えた。

他に長野市で35.1度、群馬県桐生市で34.9度、茨城県大子町で34.8度を観測。東京都心部は31.4度で2日連続の真夏日となった。

9日まで今年の全国最高気温は、福岡県久留米市で8日に観測された35.8度だった。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]