国家公務員総合職の応募 4年連続減少

2020/6/10 17:00
保存
共有
印刷
その他

人事院は10日、2020年度の国家公務員採用試験の申し込み状況を発表した。中央省庁の幹部候補となる総合職の申込者数は前年度比3.3%減の1万6730人だった。4年連続の減少で、総合職試験を導入した12年度以降、過去最少となった。

女性の申込者の割合はは6373人と全体の38.1%を占め、過去最高だった。人事院は新型コロナウイルスの感染拡大で総合職の1次試験を7月5日に延期していた。最終合格者の発表は例年より約2カ月遅れの8月21日となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]