/

[英文]中国、過剰な拡張主義が招く孤立リスク

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は4月、歴史の大きな進歩はいつも大惨事の試練から生まれると演説した。コロナ禍で世界の混乱が深まるなか、中国はリーダーの地位を固めようとし、世界各地で摩擦を引き起こしている。香港への統制を強化する「香港国家安全法」の導入方針を決め、インドとは係争地を巡って小競り合いを続ける。

一帯一路構想を含めて習政権の拡張主義は中国流のグローバリズムを推進するものだが、反作用は必至だ。戦略的な同盟相手も持たず、世界各国で中国への警戒感が広がっている。

1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故の真実を隠蔽したことが、旧ソ連の崩壊の前兆となった。中国も新型コロナウイルスの感染拡大を隠し続けたことで、その権威主義体制のリスクを露呈した。今後は各国で中国への依存を引き下げ、対中包囲網を形成する動きが強まるだろう。

下のバナーをクリックすると、Nikkei Asian Reviewの英文記事にリンクします。

Nikkei Asian Review

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン