世界のがん患者救え 第一三共の中山氏、退任前に語る

2020/6/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第一三共の中山譲治会長は株主総会のある15日に退任する。中山氏はサントリーや旧第一製薬を経て2010年からの9年間、最高経営責任者(CEO)として指揮を執ってきた。インタビューでは「第一三共はメジャーリーガーになる時期だ」と述べ、グローバル化の加速を求めた。さらには患者を救う製薬会社の使命も強調した。

本社で取材に応じた一問一答は次の通り。

――19年にCEOを譲り、いま会長職からも退きます。そ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]