4月の広告業売り上げは前年比21%減、経産省調査

2020/6/10 13:45
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

経済産業省は8日、「特定サービス産業動態統計調査」の2020年4月分の速報値を公表した。それによると広告業の売上高全体が前年比で21.2%減、4媒体(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)における広告業の売上高は同20.3%減と大幅な減少となった。

4媒体のうちもっとも落ち込みの激しいのが新聞で、前年比で32.4%の減少だった(2月は前年比4.2%減、3月は同21.4%減)。雑誌は同25.9%の減少である(2月は同6.4%減、3月は同17.9%減)。テレビは同18.1%の減少(2月は3.8%減、3月は5.6%減)、ラジオが同18.5%の減少(2月は1.8%減、3月は5.3%減)である。各媒体とも3月には既に前年比で大幅に減少していたが、4月に入りさらに減少幅を拡大した。

インターネット広告の動向を見ると、20年3月は前年比で0.3%の増加とほぼ前年並みの売上高を維持したが、4月は同7.1%の減少となった。

(日経クロステック/日経ニューメディア 田中正晴)

[日経クロステック 2020年6月9日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]