/

この記事は会員限定です

孫氏、ファンド運営も守りに 初のリストラ

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)傘下の10兆円ファンド「ビジョン・ファンド」が人員の15%を削減する。新型コロナウイルスの影響でファンドの運用成績が悪化し、新規投資も滞り、人員が過剰となった。リストラは2017年のファンド設立以来、初めて。SBGは資産売却を進める本体に続き、ファンド運営でも「守り」に入る。

ブランド店などが軒を連ねるロンドン屈指の高級街、メイフェア。人員削減の対象となるビジョン・ファンドの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン