中国の無人ホテル、「非接触」で再注目 コスト減も魅力

36Kr
スタートアップGlobe
アジアBiz
コラム(テクノロジー)
2020/6/11 2:00
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの影響で「非接触」が新たな流行となっている。中国ではレストランの配膳ロボットや消毒・清掃の無人車などの普及に加え、オンライン予約から、顔認証によるチェックイン、照明、カーテン、空調の音声操作に至るまですべて人を介さず、装置に手を触れる必要もない無人のスマートホテルも人気を博している。いずれもAIを活用したロボットや、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT技術によって成り立つ新しいサービス業態だ。

アリババ集団は2018年11月に杭州で無人ホテル「FlyZoo Hotel」の運営を始めた。顔認証を活用したこのホテルの宿泊料金は1000~3000元(約1万5000~4万5000円)だ。宿泊者数に対する従業員総数の比率は1:0.5と、他のホテルの1:2をはるかに下回る。純粋にコスト削減の視点からしても、この数字は魅力的だ。

チェックインは顔認証で行い、ロボットが部屋まで案内する(楽易住提供)

チェックインは顔認証で行い、ロボットが部屋まで案内する(楽易住提供)

「楽易住(Leyeju Smart Hotel)」は2016年に設立、2017年10月には四川省成都市で最初のスマートホテルの営業を始めた。今は成都、深圳、広州、杭州に9軒を展開、さらに21軒を計画中だ。中間層の顧客群を対象にし、料金は200~400元(約3000~6000円)とリーズナブルな設定だ。李展COOによれば、客室稼働率は年平均90%を超え、リピート率も85%に上る。現在の利用者数は67万人を超え、会員数は50万人以上にもなる。

利用者は、オフィシャルサイトや公式アプリのほかに、OTA(オンライン旅行会社)を通して簡単に予約できる。チェックインは顔認証で行われ、ロボットが部屋まで案内してくれる。カーテン、空調、テレビ、照明はすべて自動調節。すべてが自動化されており、緊急事態への対応のため1~2人の職員を配備しておくだけですむ。利用客がチェックアウトすると5分後に自動的に電気と水道が止まり、清掃員が入る。この清掃員も正規職員ではなく、スマホのアプリから応募したパートなので、出来高制の賃金を支払えばよい。

楽易住などの無人スマートホテルの営業コストは従来型のホテルの約60%に抑えることができる。人件費だけでなく、自動制御による水や電気の節約も見逃せない。また従来型のホテルと異なり、楽易住には広いロビーがない。そのため建設費を25%節約することが可能になり、空間の利用率も高くなる。これまでは、利用効率と空き室の配慮から部屋数を80~120室とする必要があったため、それなりの土地や建物を必要とした。スマートホテルではそれが打破され、部屋数わずか20というミニホテルの設置も可能となる。

玄関に設置された端末で認証を終えると部屋番号と入室パスワードがスマートフォンに届く(同)

玄関に設置された端末で認証を終えると部屋番号と入室パスワードがスマートフォンに届く(同)

楽易住は、ホテルの利用客からさまざまなデータを収集し、それをサービス改善に活用する方針だ。IoT設備に対する客の反応を元に、技術的な改善を行ったり、それをベッドやテレビの販売に結びつけたりすることもできる。室内のスマート設備やテレビなどはすべてが自主開発によるものだ。データセキュリティもAIとIoTを通して行われるため、人手によるものより安全になる。

現在の楽易住はすべて直営店だが、次の段階ではフランチャイズ展開も考えている。そうなるとIoTのノウハウが伝授され出店速度が増す可能性が大きい。2020年には100~150軒を一級と二級都市に出店する計画だ。

楽易住の創業者兼董事長である張健氏はIoT分野で長い経験を持ち、共同創業者の羅●(犬3つに風)氏もIoTやビッグデータの研究者だ。そして李展COOはフォーチュン・グローバル500の某企業の戦略部門の出身だ。

今年1月、AI+IoTホテルのサービス企業「携住科技(XieZhu Technology)」はシリーズA+で2億元(約30億円)を超える資金調達を行った。提携するホテルは8000軒、グレードアップを図った客室は35万室に上る。「亜朶酒店(Atour Hotel)」も、スマート化を進めているホテルだ。技術による効率化を追求する楽易住とは異なり、亜朶酒店は設備とサービスの質を重視する。またイメージ戦略と付加価値サービスにより顧客の忠誠度を強化する。いずれの路線をとるにせよ、ホテルのIoT導入は今後も一層進んでゆくだろう。スマートホームの実現に向け、ホテル業界が旗手の役割を担うことになりそうだ。

「36Kr ジャパン」のサイトはこちら(https://36kr.jp/)

中国語原文はこちら(https://36kr.com/p/723198627891337)

 日本経済新聞社は、中国をはじめアジアの新興企業の情報に強みをもつスタートアップ情報サイト「36Kr」を運営する36Krホールディングスに出資しています。同社の発行するスタートアップやテクノロジーに関する日本語の記事を、日経電子版に週2回掲載します。
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]