無症状からの感染、不明点多く 新型コロナでWHO

2020/6/10 10:37
保存
共有
印刷
その他

世界保健機関(WHO)は9日、新型コロナウイルスの感染者で、無症状の患者が他人に感染させる可能性について依然として不明点が多いと強調した。一時、無症状感染者からの感染は「非常にまれだ」とした見解を示したが、誤解があったと釈明。感染した人のうち約4割が無症状の感染者からうつされているとする推計も紹介した。

新型コロナの感染経路の分析には時間がかかりそうだ(ジュネーブのWHO本部)=ロイター

WHOは発熱やせきなどを発症している患者からはウイルスが多く排出されるため感染させやすく「大半は発症者からの感染」と指摘。そのうえで「無症状の感染者も他の人にウイルスを感染させる力を持っている。感染者の約40%は無症状の感染者からうつされていたとする研究もある」とし、感染のメカニズムについて解明されていないことが多いとした。

新型コロナの技術責任者を務めるWHOのバンケルコフ氏8日、数カ国で行われた研究に基づき無症状感染者によるウイルスの伝染が「非常にまれ」なようだと発言。一部の科学者からの反発を受け、9日には無症状者からは感染しないという意味ではない、と釈明した。

WHOは世界で感染拡大が続くなか、公共交通機関などでソーシャルディスタンス(社会的距離)を取ることが難しい場合は、マスクを着用すべきだと呼び掛けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]