鉄道博物館3カ月ぶり再開 埼玉、体験型展示なしで

2020/6/10 10:17 (2020/6/10 12:49更新)
保存
共有
印刷
その他

営業を再開した鉄道博物館で、展示されている蒸気機関車を見る親子連れ(10日午前、さいたま市)=共同

営業を再開した鉄道博物館で、展示されている蒸気機関車を見る親子連れ(10日午前、さいたま市)=共同

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、3カ月以上休館していたさいたま市の鉄道博物館が10日、営業を再開した。混雑しないよう入館は事前予約制とし、体験型展示やイベントを中止。営業時間を1時間短縮し、午前10時~午後5時とする。

10日は開館前から家族連れなどの客が並び、入り口が開くと、待ち切れない様子の子どもたちが館内に走り込んだ。宮城利久館長は「展示に制限はあるが、この機会に、普段は目を向けない解説をじっくり見て、鉄道への理解を深めてほしい」と話した。

同博物館は、引退した新幹線や特急といった約40の実物車両を展示。2月末から休館していた。感染予防策として当面、運転シミュレーターやガイドツアーを中止し、人気の高い国内最大級の鉄道ジオラマは、展示場を閉鎖する。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]