/

この記事は会員限定です

AIカメラ100台で顧客分析、北大発AWLとサツドラ

[有料会員限定]

北海道大学発スタートアップのAWL(アウル、東京・千代田)は10日、サツドラホールディングス(HD)の店舗で人工知能(AI)カメラ100台以上を使って実証実験を始めた。来店客がマスクを着けているかだけでなく、性別や年齢層まで識別。新型コロナウイルスの感染拡大防止にくわえ、来店客の購買動向も分析できる。

10日開業したサツドラ北8条店で実験を始めた。1700平方メートルの店内にAIカメラ80台と、カメラを搭載した電子看板4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン