AIカメラ100台で顧客分析、北大発AWLとサツドラ

2020/6/10 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道大学発スタートアップのAWL(アウル、東京・千代田)は10日、サツドラホールディングス(HD)の店舗で人工知能(AI)カメラ100台以上を使って実証実験を始めた。来店客がマスクを着けているかだけでなく、性別や年齢層まで識別。新型コロナウイルスの感染拡大防止にくわえ、来店客の購買動向も分析できる。

10日開業したサツドラ北8条店で実験を始めた。1700平方メートルの店内にAIカメラ80台と、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]