コロナ陽性率0.43% ソフトバンクG4万人抗体検査

2020/6/10 1:20 (2020/6/10 5:46更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループ(SBG)は9日、グループの社員や医療従事者ら約4万人を対象に実施した新型コロナウイルスの感染歴をみる抗体検査の結果を公表した。抗体を保有していた陽性率は0.43%だった。これまで東京都などで実施した検査結果と同じレベル。国内における感染者の割合は低いことが改めて示された。

抗体検査は感染した後にウイルスに対する抗体ができているかを調べる。PCR検査はウイルスの有無を直接調べ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]