企業 自主検査広がる 従業員の抗体把握を重視

2020/6/10 0:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今回の抗体検査で陽性だった場合について、ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は「すぐにPCR検査を病院で受け専門家にみてもらった。2重、3重チェックした」と述べた。

簡単な抗体検査をまず実施して、陽性の反応が出た場合は必要に応じてPCR検査でフォローしたという。

国内でPCR検査がなかなか広がらない中、コストも安く結果も早い抗体検査を用いる企業が相次いでいる。感染の履歴がわかる抗体検…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]