/

この記事は会員限定です

米人種問題、コロナで増幅 黒人投票率が大統領選左右

分断のアメリカ 噴き出した矛盾(上)

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの打撃から回復の道を模索する米国。経済活動の正常化を前に起きた黒人暴行死事件をきっかけに、米国社会に積み重なった人種や価値観を巡る断層や矛盾が一斉に噴き出した。不満の爆発による衝突の連鎖は、11月に迫る大統領選の構図を塗り替えるパワーを秘める。

「もうたくさんだ」。家族で抗議デモに参加した首都ワシントン近郊に住む黒人男性のカート・ジョーンズさん(45)は訴える。理由な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン