輸出できない中古車 国内相場値崩れ、3割安も

2020/6/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響が、日本国内の中古車市場にも広がっている。海外の入港制限などに伴って輸出が停滞したことで国内の在庫が増え、相場が値崩れしたのだ。中古車販売店ではトヨタ自動車のアルファードなど輸出車種の価格が、前年よりも最大で3割ほど下落した。そのあおりを受けて新車市場から顧客の流出も起きている。中古車相場の動向は、コロナ禍で打撃を受けている自動車メーカーの新車販売の行方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]