/

富山県在住者ら5人が新型コロナ感染 空港検疫で判明

富山県は9日、成田空港の検疫で県内在住者ら5人の新型コロナウイルスの感染が判明したと発表した。いずれもパキスタン渡航歴があり、成田空港から県内に戻ったあと陽性と分かった。4人が同県射水市に住む家族で、1人の居住地は非公開。空港検疫で感染が確認されたため、県の発生患者には含まれない。石井隆一知事は同日、厚生労働省に情報共有の迅速化などを求めた。

新型肺炎

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン