FRBドル供給、邦銀利用突出 24兆円で世界の半分

2020/6/9 23:00 (2020/6/10 5:35更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)が新型コロナウイルス対応で3月に拡充した各国の中央銀行経由のドル資金供給策で、邦銀の利用が突出している。日銀の調達額は4日時点で2221億ドル(約24兆円)と世界全体の半分を占める。コロナ禍で高まったドル不足の懸念は中銀の連携による大量供給で落ち着いたが、邦銀の海外事業の調達不安も改めて浮き彫りになった。

ニューヨーク連銀によると、世界の中銀に対するドル資金の供給額は4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]