静岡県、農水産物の販路開拓支援 新型コロナ受け仮想店舗

2020/6/9 19:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県は新型コロナウイルスの感染拡大で、出荷量が減少するなど打撃を受けた県産農水産物の販路開拓の支援に乗り出す。7月に民間企業を通じ、県産品を扱う仮想店舗を開設する。クラウンメロンやワサビなど、緊急事態宣言による百貨店や飲食店の営業自粛で影響が大きかった高級品などが対象。インターネット通販を活用し、生産者の収益回復につなげる。

ネット上の通販サイト上の仮想店舗に、県産品の専用コーナーを設けてもら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]