/

この記事は会員限定です

神奈川県、コロナ感染の透析患者 軽症でも入院

[有料会員限定]

神奈川県は9日、新型コロナウイルスの感染拡大にともない整備している医療体制「神奈川モデル」について、透析治療を受けている感染者や、介護者が新型コロナで入院した場合に取り残された陰性の難病患者を受け入れる医療機関を整備すると発表した。感染者の状況や事情に応じてきめ細かく対応し、感染第2波に備える。

県は県内26医療機関(約80床)を「透析コロナ患者受入医療機関」に指定し、新型コロナにかかった透析患者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り484文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン