/

この記事は会員限定です

令和の晴耕雨読 「残りの人生」をどう過ごす?

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

サラリーマン生活に区切りをつけた後、残りの長い人生をどう過ごせばいいのだろう。趣味に生きるのもいい。会社員時代にはできなかった長い旅行に出るのもいい。でも農業という選択肢もある。広い青空の下で作物を育て、雨の日は疲れた体を休めて物思いにふける。そして農作業を通し、社会への新たな扉が開く。令和の時代の晴耕雨読だ。

農業と福祉 ゆったり両立

東京都八王子市の郊外にある小さな作業小屋。野菜を洗うプラスチックのおけや長靴、計量器な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3809文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン