成果主義を再起動させよう 社員の成長、後押しを
上級論説委員 水野 裕司

水野 裕司
2020/6/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス流行の第2波、第3波への警戒を怠れないウィズ・コロナ時代に、テレワークは働き方のニューノーマル(新常態)として定着しつつある。それに伴い企業には課題も浮かび上がってきた。テレワークは従業員の働いた時間の把握が容易ではない。仕事の成果で評価し、処遇する仕組みをいよいよ整える必要が出てきている。

振り返れば日本企業は、成果にもとづく人事評価制度の模索を長い間続けてきた。

成果主義導…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]