/

この記事は会員限定です

成果主義を再起動させよう 社員の成長、後押しを

上級論説委員 水野 裕司

[有料会員限定]

新型コロナウイルス流行の第2波、第3波への警戒を怠れないウィズ・コロナ時代に、テレワークは働き方のニューノーマル(新常態)として定着しつつある。それに伴い企業には課題も浮かび上がってきた。テレワークは従業員の働いた時間の把握が容易ではない。仕事の成果で評価し、処遇する仕組みをいよいよ整える必要が出てきている。

振り返れば日本企業は、成果にもとづく人事評価制度の模索を長い間続けてきた。

成果主義導入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン