新潟の第四銀、デリバティブ分野で東邦銀と提携

2020/6/9 18:08
保存
共有
印刷
その他

第四北越フィナンシャルグループ(FG)傘下の第四銀行は9日、福島県の東邦銀行と法人向けの為替デリバティブ分野で業務提携したと発表した。東邦銀から顧客の紹介を受け、第四銀はニーズに適した商品を提供する。両行を含む全国10地方銀行が加わる広域連携の枠組み「TSUBASAアライアンス」を活用した施策の一環だ。

業務提携により、単独行で取り扱うのに比べて商品の販路が広がる利点を見込んでいる。

両行は従来もアライアンスを通じて連携を深めてきた。第四銀は本拠である新潟県と隣接する福島県に会津支店を持つ。東京支店に次いで2番目に古い新潟県外の支店で100年以上業務を手掛けてきた歴史があり、福島県との関わりは深い。同グループの北越銀行は今回の提携には加わっていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]