犯罪被害者支援に地域差 条例制定は21都道府県

2020/6/9 17:50
保存
共有
印刷
その他

犯罪被害者や、その家族の支援のための条例を制定している都道府県は今年4月時点で21と全体の4割にとどまることが9日、政府が閣議決定した2020年版の犯罪被害者白書で分かった。全国20の政令市のうち制定済みは7。具体的な支援の内容にも差があり、専門家は「地域差の解消を進めていく必要がある」と指摘している。

04年に成立した犯罪被害者基本法は、国だけでなく自治体に被害者らを支援する施策を策定して実施…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]