映えスポ 服部天神駅の御神木
(大阪府豊中市)

関西タイムライン
2020/6/10 2:00
保存
共有
印刷
その他

一見、場違いな所に立つ木に目を奪われる人は多いだろう。阪急宝塚線服部天神駅の上りホームに立つクスノキ。阪急電鉄によると、駅がある土地はもともと服部天神宮の境内の一部で、前身の箕面有馬電気軌道が1910年の駅設置へ譲り受けた時には既に木があった。御神木として親しむ地元住民の願いで伐採されずに残ったという。今も"守り神"の役割を果たし、服部天神宮の「夏天神祭」の際は駅構内でおはらいと安全祈願祭を執り行う。(合六謙二)

「NIKKEI関西」インスタグラムでも https://www.instagram.com/nikkeikansai/?n_cid=SNSIG003

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]