/

この記事は会員限定です

株式相場偽りの夜明け バブル崩壊に備えるとき

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

現在の株式相場の主要プレーヤーはヘッジファンドなど他人のお金で勝負する人たちだ。株高が株高を呼ぶ状況は、企業の財テクマネーがはびこった1980年代後半の東京市場とよく似ている。リーマン・ショック前は証券化商品、今回は実体経済と株高の「裏付け資産」には危うさがつきまとい、超金融緩和が演出するバブルはいつ崩れてもおかしくない。混乱に乗じた世界のリーダーの無謀な策動と不毛な対立も、市場のリスクを倍加させ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン