10万円オンライン申請は「失敗」だったのか
日経コンピュータ編集長 浅川直輝

2020/6/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの緊急経済対策として政府が国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」のオンライン申請で自治体の業務が混乱している――。5月から6月にかけ、新聞やテレビは連日、この話題を取り上げた。

マイナンバーカードとマイナポータルの「ぴったりサービス」を使って5月1日に始まったオンライン申請は、申請者による氏名や住所などの誤入力や二重申請が相次いだ結果、自治体が持つ住民情報との照合に多大な手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]