/

この記事は会員限定です

首都移転、相次ぎブレーキ インドネシアやエジプト

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也、ドバイ=岐部秀光】新型コロナウイルスの感染拡大で、新興国の巨大事業にブレーキがかかり始めた。予算配分で感染対策を優先し、インドネシアやエジプトでは首都移転計画が宙に浮く。サウジアラビアの未来都市建設も見直しが迫られている。国の将来構想を揺るがし、指導者の求心力低下につながる。外資が絡む他国の公的事業も今後、同様に再検討の対象になっていきそうだ。

インドネシアは2020年に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン