/

マルエツ、店の混雑度ネットで Tカードのデータ活用

マルエツとTポイントを運営するTポイント・ジャパン(東京・渋谷)はこのほど、店舗の混雑状況の目安をネットで確認できる無料のサービスを始めた。マルエツ利用客の8割が使うというTカードのデータを分析し、店舗の混雑度グラフをウェブサイトなどで公開する。利用者に混雑する時間帯を避ける形での買い物を促し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ。

マルエツとTポイント・ジャパンは店舗の混雑状況の目安を確認できるサービスを始めた

一週間前にレジで使われたTカードのデータから、店舗や曜日、1時間ごとの混み具合の目安をグラフで示す。顧客は利用する店名を専用ページで検索して使う。両社それぞれのホームページとスマートフォン向けアプリの計4媒体で公開する。マルエツやマルエツプチ、リンコスなどグループ店舗を含めたデータを提供する。

マルエツは首都圏を中心に301店舗を展開する。Tカードは2012年11月から順次導入し、13年2月には全店舗で利用可能になった。混雑度データはリアルタイムの情報ではないので「目安として使ってほしい」(マルエツ)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン