ウポポイで地元向け内覧会 国立アイヌ博物館など見学

2020/6/9 14:19
保存
共有
印刷
その他

北海道白老町のアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」で9日、町民や議会関係者など地元向けの内覧会が始まった。14日までの予定。約140人が5グループに分かれ、国立アイヌ民族博物館を見学したり、伝統舞踊を鑑賞したりした。

内覧会は14日までの予定で、9日は町議や町関係団体の約50人が、湖に面した舞台で披露された「鶴の舞」や伝統楽器ムックリ(口琴)の演奏に拍手を送っていた。

戸田安彦町長は「…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]