文化庁、戦後の現代美術展を調査 資料をウェブで公開

2020/6/15 2:00
保存
共有
印刷
その他

文化庁が行っている日本の現代美術の国際的な発信強化と市場活性化を目指すアートプラットフォーム事業で、日本の美術館が戦後取り組んできた現代美術展を網羅した資料のウェブサイト上での公開を始めた。1953年から2018年までに発刊された現代美術展のカタログを現物で確認し、基礎的な情報を目録化している。主に海外の美術関係者や研究者らから、日本のアートに関する情報にアクセスしにくく、手掛かりがないという声…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]