ヨネックス、黄色のシャトル 在宅需要で売れ行き好調

2020/6/9 10:08
保存
共有
印刷
その他

ヨネックスは屋外で見えやすい黄色のバドミントン用ナイロンシャトルを6月下旬に発売する。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増えたことに伴い、同社ではバドミントン関連商品の売れ行きが好調という。公園や自宅前など屋外で楽しむ人が増加するなか、従来の白色は見えにくいとの声に応えた。同社が黄色のシャトルを国内で発売するのは初めて。

ヨネックスが発売する黄色のシャトル。白色の従来品と比べて、屋外でも見やすい

商品名は「メイビス 40BP」。従来の白色のシャトルは日差しが強いと見えづらいほか、雲や壁の色と同化しやすく、屋外では使いづらいとの声があった。同社によると、3~4月のナイロンシャトルとレジャー用のラケットの売上高は、前年同期比でそれぞれ約3割、約8割近く増えた。緊急事態宣言が解除されてからも、密を避けるため屋外でバドミントンを楽しむ需要は続くとみる。

全国のスポーツ用品店のほか、同社の公式オンラインショップで販売する。1ケース3個入りで、希望小売価格は税別530円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]