/

この記事は会員限定です

データ活用でヒット生むスーツ店 コロナ禍で次の一手

[有料会員限定]
日経クロストレンド

オーダーメードスーツのD2C(消費者直販型)ブランドを展開するFABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ、東京・渋谷)は19年に丸井グループから出資を受けたことで話題を集めた。丸井は店舗とEC(電子商取引)で役割を分担し、より買い物をしやすい消費体験を作る小売りの新潮流「売らない店舗」戦略を推し進めている。その戦略の要となる一社がファブリックトウキョウだ。オンラインとオフラインの店舗を統合したアパレル事業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3150文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン