/

この記事は会員限定です

仮想空間オフィス、コロナ禍で売上高7倍 米EXP社

[有料会員限定]

【ニューヨーク=伴百江】仮想空間にオフィスを設け、"出勤"するのは社員のアバター(分身)だけ――。新型コロナウイルスの世界的流行が始まる前からこんな運営をするのが、米不動産会社のEXPワールド・ホールディングズだ。会議も株主総会もすべて仮想空間で完結する徹底ぶりだ。コロナ禍で在宅勤務が増える中、この技術やサービスに対する引き合いが強まっている。

EXP社の技術開発を担う子会社であるヴァーベラの創業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン