8日の参院代表質問の詳報

2020/6/8 22:21
保存
共有
印刷
その他

有田芳生氏(立憲民主・国民.新緑風会・社民、比例)

拉致被害者家族会の代表を務めた横田滋さんが亡くなった。安倍晋三首相は「拉致問題は重要課題だ」と内外で主張してきたが、被害者の帰国(という意味で)の成果はゼロだ。家族が亡くなってから騒ぐのではなく、解決策を考えてほしい。

市場にマスクはどんどん流通している。政府が配布するマスク「アベノマスク」の配布はなぜ遅々として進まないのか。

古賀友一郎氏(自民党・国民の声、長崎)

テレワークの意義が見直されている。大都市では大地震への備えとなる。過密の緩和、大雨や雪などで交通機関がまひした場合の帰宅困難者対策にもなり、防災・国土強靱化にも資する。

山本香苗氏(公明、比例)

新型コロナウイルスの影響で、大学受験に対する不安の声もたくさん寄せられている。速やかに入試時期を決定し、受験生が同じ条件で臨めるよう対策を講じるべきだ。

浅田均氏(日本維新の会、大阪)

コロナ禍で落ち込んだ景気を呼び起こし、経済を再生させるためには消費を喚起することが不可欠だ。日本維新の会は消費税率を当分の間、一律8%とする法案を参院に提出した。政府として消費税率を引き下げる考えはあるか。

山下芳生氏(共産、比例)

新型コロナウイルスの感染拡大でほとんどの演劇、音楽などの公演が中止、延期となった。文化・芸術団体にとって打撃が大きく、このままでは創造活動を続けることが極めて困難だ。文化芸術の復興基金を創設すべきだ。

徳永エリ氏(立憲民主・国民.新緑風会・社民、北海道)

困窮学生を対象とした給付金の支給に関して、留学生に厳しい成績要件が課されている。緩和すべきだ。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]