損保ジャパン、廃棄物のリサイクル参入 災害時に活用

2020/6/10 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

損害保険ジャパンは廃棄物のリサイクル事業に参入する。廃棄物から電力や熱を生み出す技術を持つスタートアップ企業に出資し、業務提携した。この企業が開発している車載型の装置を使えば、災害で発生した廃棄物を処理できる。損保ジャパンは自治体とのつながりを生かし、停電時でも安定して電力や熱を供給できる自立型電源として売り込む。

損保ジャパンが出資したのは再生可能エネルギーの発電設備などを手掛けるサステイナブ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]