/

この記事は会員限定です

民泊仲介の百戦錬磨社長、地方の農村で「農泊」に力

コロナ危機 トップらに聞く

[有料会員限定]

民泊が岐路を迎えている。住宅宿泊事業法(民泊新法)施行から15日で2年を迎えるが、新型コロナウイルスの感染拡大で利用者は急減し、5月には初めて民泊戸数が減少に転じた。民泊仲介大手、百戦錬磨(仙台市)の上山康博社長は「ホテルや旅館運営にも参入したい」と意欲を示す。

――運営する民泊仲介サイトには約2000件の物件がありますが、利用実績はどうですか。

「3月中旬から5月までは前年同期比で9割超減った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン