/

この記事は会員限定です

「どこでも製造」は夢物語か コロナ時代の供給網探れ

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

世界で新型コロナウイルスの感染者が急増した今春、パリ公立病院連合が急きょ導入したものがある。米ストラタシス製の3Dプリンター60台。供給不足に陥ったフェースシールドや薬剤注入ポンプを医療の現場で自作するためだ。

ほんの一例にすぎない。各国の企業やエンジニアが設計データを公開し、人工呼吸器の部品などを3D印刷している。普段はドローンを開発する米アマゾン・ドット・コムの社員らが製造に加わるなど一種の社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1929文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン