タイ最大級のアウトレット開業へ サイアムなど

2020/6/8 18:30
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=岸本まりみ】タイ小売り大手サイアム・ピワットと米サイモン・プロパティー・グループは、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港近くで開発していたアウトレットモールを19日に開業する。延べ床面積は約5万平方メートルでタイ最大級だ。現在は新型コロナウイルス封じ込めのため外国人の渡航が制限されているが、解禁をにらんで開業に踏み切る。

サイアム・ピワットが開業する「サイアム・プレミアム・アウトレッツ・バンコク」

アウトレットの名称は「サイアム・プレミアム・アウトレッツ・バンコク」。英「バーバリー」や仏「バレンシアガ」など145以上のブランドが入居する予定だ。投資額は非公開。

サイアム・ピワットとサイモンの合弁であるサイアム・ピワット・サイモンのマイケル・タン社長は「このアウトレットは千人以上の雇用を生み出し、タイ経済のけん引役となる」としている。

同エリアでは19年8月にタイの小売り最大手セントラル・グループが高級アウトレット「セントラル・ビレッジ」を開業し、三菱地所が資本参画している。サイアム・ピワットは米国や日本、韓国などでアウトレットモールを展開するサイモンと組み、先行するセントラルに対抗する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]