シーメンス、縮んで強くなれるか 電力分離で3分の2に
ビッグBiz解剖(下)

2020/6/9 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

独シーメンスの「大分割」が近づいている。エネルギー関連事業を9月に連結対象から外し、売上高で現在の3分の2に縮む。医療機器の分離など「脱・総花経営」を進めたジョー・ケーザー社長の大胆な事業再編の総仕上げに入る。競合相手の米ゼネラル・エレクトリック(GE)が失速するなか、収益性を高め勝ち組ともされたシーメンス。縮んだ先には課題も残る。

■火力発電、新規案件が激減

5月15日、ベルリン。全長13メート…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]