東京の離島、観光苦境 自治体が来島自粛緩和も探る

2020/6/8 18:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京の離島観光が苦境に立たされている。観光需要の蒸発で9割超の減収の宿泊施設もある。緊急事態宣言解除後も観光自粛ムードが続いているうえ、医療体制が不十分な島しょ部は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため観光客などの来島自粛を呼びかけていることが背景にある。自治体は独自の給付金などで下支えしつつ自粛要請緩和を慎重に探る。

「足元の売り上げは例年の95%減。壊滅的だ」。大島・元町港近くの宿泊施設…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]