[英文]中国、フィリピン不動産に食指 コロナ禍で値下がり

2020/6/8 17:00
保存
共有
印刷
その他

中国の不動産企業や投資家が、マニラのマンションに食指を動かしている。新型コロナウイルスの感染拡大でフィリピン経済が打撃を受け、不動産価格の値下がりが予想されるためだ。マニラの不動産会社が資金繰りのために保有物件の売却を迫られる可能性があり、中国企業は投資の好機とみている。

フィリピンでは中国人客向けのオンラインカジノが急成長し、中国による不動産市場への投資も伸びている。ただ、中国マネーの流入で不動産価格が大きく上昇すれば、マニラ市民の対中感情が悪化する可能性もある。

下のバナーをクリックすると、Nikkei Asian Reviewの英文記事にリンクします。

Nikkei Asian Review

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]