/

この記事は会員限定です

「新しい生活様式」対応商品、神奈川県内で需要増

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が収束しないなか、神奈川県内で「新しい生活様式」に対応した商品やサービスが広がっている。待合室の混雑緩和のため、フードコートで使われている呼び出しベルの病院向けの出荷が急増。持ち帰り商品を始める飲食店からは紙容器の引き合いが増えている。新型コロナで景況感が悪化するなか、各企業は新たな取引先開拓で売り上げ確保をめざす。

パシフィック湘南(神奈川県茅ケ崎市)が製造する呼び出しベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン