高砂電工、呼吸器バルブ増産 医学生物は検査キット
新型コロナ・中部の衝撃 感染第2波に備え

2020/6/8 14:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部の医療関連企業が新型コロナウイルス感染拡大の「第2波」への備えを急いでいる。空気圧機器を手掛けるCKDや高砂電気工業(名古屋市)は人工呼吸器の中心的な部品であるバルブの増産や納入先の拡大に乗り出した。診断装置向け部品や検査キットの受注も伸びている。現時点で抑えられつつある感染の広がりが再燃する懸念も指摘されていることから体制を整える。

CKDは4月、愛知県春日井市にある工場で、人工呼吸器や酸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]